創業理念

社長からのご挨拶

株式会社アドバンスケアシステム
代表取締役原田 晃

社長 写真

株式会社アドバンスケアシステムは、今まで40年にわたり医療介護業界に従事してきた者たちが集まってできた会社です。私たちはこれまで培った経験を活かし、普通の介護施設・老人ホームでは受け入れ困難ながんの末期や難病で苦しんでいる方々、病院を退院されてなお安定したケアが必要な方々を積極的に受け入れるホームを作りたいと考えました。そして最期までその人らしい生活をして頂けるようお世話ができることが私たちの使命でもあります。幸い我々の仲間には、関東ではじめて「ホスピス」を作った経験者がおりますので、順調にそのシステムを構築することができました。

難病を抱えた方は、ご本人もさることながらご家族も大きな犠牲と負担を強いられます。「在宅介護」という美名のもとにご家族の方が苦しんでいることをわたしたちはよく知っています。また、施設へ入れてしまうことへの罪悪感をお持ちの方もいるでしょう。しかし、家族ではないがゆえにできる介護というものもあるのです。

私たちは、入居者の方が家族から自立し、そのうえで家族との新しい関係を作られることを地域の医療従事者、ケアマネージャーの方々とともに支援したいと思います。

おかげさまで第一号のナーシングホーム日和高木が順調に進み、入居者やご家族の方々から高い評価をいただき、2022年2月にナーシングホーム立川をオープンさせることができました。是非、入居者、ご家族そしてスタッフが助け合いながら暮らす、新しいコミュニティを一緒に作ってまいりましょう。

質の高いエンドオブライフを目指して

  1. 疼痛症状マネジメント
  2. 意志決定支援
  3. 治療の選択
  4. 家族様へのケア
  5. 人生のQOLを焦点化~最期までその人らしく~
  6. 人間尊重

上記6項目を理念として掲げ、ご入居に際しては前もってご本人様、ご家族様との面談を行い、担当する医師、看護師、介護士、ケアマネジャーとの連携により最善の方針を定め質の高いターミナルケアを実践して参ります。

特に難病やがんによる疼痛に苦しむ方で、在宅での医療が必要でお困りの方に看護師が24時間常駐し、最期までお世話をさせて頂きます。

そして、この地域にナーシングホーム日和ひよりがあって良かったと思われる施設になりますよう従業員一同、力を合わせてまいります。